2021年7月21日水曜日

軽井沢にテレビを買いました


 軽井沢で YouTube を見たいと思ってテレビを買いました。
初め、パソコンとモニターを買うのが普通だと思っていたのですが
今のテレビには初めっからYouTubeが入っているので
テレビを買えばいいのです。
配線周りもすっきりします。
壁に取り付けようと思っていたのですが、
置いてもしっくりきます。100%テレビは見ないのでアンテナはいりません。
毎回Wi-Fiを持っていきます。
いい時代になりました。

2021年7月5日月曜日

島の6月は草刈りの月

 

毎年6月は草刈りの月です。
梅雨があり、水がたっぷりあるので雑草がすごく元気になるからです。
4月に一度草刈りをしたのですが、その時、草刈り機のベルトが切れ
その交換から始まります。

めんどくさいですねー。
ジャッキを今度買っておこう。
新品ベルトです。
さあ、刈るぞ!!

2021年5月9日日曜日

薪ストーブ、薪置き場、薪を運ぶ動線について

 薪ストーブは日常に使うと想像以上に薪を消費します。
特に、寒冷地では断熱効果を高く設定しないと大変な消費量となります。
我が家は週末利用ですし、断熱を意識した住居としていますが、
それでも結構多くの薪を消費します。
そこで大切になってくるのが薪ストーブと薪棚の位置、
そしてそれをつなぐ薪運び用のカートです。
薪を作って、薪を積む棚はできるだけ薪ストーブの位置から近い方が楽となります。


また、薪を運ぶ量も大変多いですからできるだけカートが使えるようにすべきです。
できれば段差がない方が使い勝手はよいです。これはリサイクルショップで買ってきた
カートですが、もうちょっとおしゃれなものに買い替えるとよいのでしょうねぇー


2021年5月7日金曜日

モンスターバイクで訪れた友人たち

 

連休中に友人が訪ねてきてくれました。
しかも、最高にモンスターなバイクに乗って。
バイク好きな人しかわからないと思いますが、
これ一台で、国産のファミリーカーが十分に買えてしまいます。
排気量だって、ファミリーカーと同じくらい
そして、かっこいいんです。
広島くらいは日帰りしてしまうほど乗っていて快適らしいです。

そしてもう一人は黄色のクロスカブ
キャンプにはまっていてこのバイクを買い増ししてしまったとのこと
納期に数か月かかり、125だけどこれも結構高いバイクなんです。
でも、あたしには軽トラの方が似合っているかな、、
しばらく農道のポルシェでブイブイ走ります。

2021年5月5日水曜日

キッチンのテーブルを設置しました

 キッチンのテーブルとしてもともと黒い板が付いていたのですが、なんだかつまらないので杉の一枚板を購入し、設置されていたテーブルの上に置いて使っていました。しかし、これだとテーブル高が杉板の厚み5センチも上がりしっくりいきませんでした。



そこで、杉の一枚板を外して、もともとついていた黒いテーブルも撤去しました。
これだけでテーブル高は2センチくらいは下がりました。しかし、もう少し下げたいので


杉の一枚板の方を3センチ切り込み凹ませました。
こういう加工も杉板だから結構簡単にできましたが、
広葉樹ですとこんなに簡単にはいかなかったと思います。


表面をワックス加工して設置しました。やはりオリジナル設計通りにすると
椅子に座っていて何だかしっくりきます。
やはり、設計士の出した高さというものは大切なのですね。
これで、おしゃれなバーカウンタの完成です。

2021年5月4日火曜日

高いところの防腐剤をやっと塗れました

壁面に使っている焼杉ですが、西側の面だけ
わずか3年で表面の炭が剝がれてきて島ました。剥がれた部分は杉が痛んできています。
これはまずいと防腐剤を塗っていきました。しかし、4メートルを超えたあたりから上は
もっている脚立では塗れません。
しかたがないので、ハシゴの購入です

しかし、
どこのサイトを見ても、「ハシゴで塗装をするのは危険だから絶対にやめましょう」と
表記しています。しかたがないので、まずは建物の一番上の部分にフックを付け
そことハシゴを固定して塗ることにしました。
塗りたい部分がほんの少しだったので問題なく塗ることができました。
よかったあ!

2021年4月27日火曜日

自転車を売りました(フィッシャー)


 はるか昔に2万円ちょっとで購入したフィッシャーの自転車を売りました。
マウンテンバイクというジャンルはどうも使う機会がなくずっと倉庫に眠っていました。
確かにサスは素晴らしいのですが、野山に行ったらやっぱり歩いたほうが楽しいです。
1万では買い手がつかずに、6000円まで値下げして若い兄ちゃんが買っていきました。
メチャ安い。お兄ちゃんいい買い物したって顔していました。

都会と島の風景

半年ぶりに島に行ってきました。
緊急事態宣言もあり、約半年間島に入っていませんでした。
やっと行けたという感じです。

行きの浜松町から竹芝桟橋まで道がすごいことになっていました。
大きなビルができて、そのビルまでの道が歩道とは別に作られていたのです。

超近代的な空間を通って、船に2時間弱乗ると
そこはいつもの別世界。素晴らしい風景が広がります。
ここに来て海を見てるとホッとします。


しかし、小屋をよく見るといろいろと問題が発生していたのです。
古い小屋の屋根は朽ちてしまい、部屋の中に雨漏りが発生していました。
また、しっかりと修理しなければいけないですね。

2021年4月2日金曜日

サンバートラックにキーレス集中ドアロックをつけました

わずか3180円で面倒くさいドアのロックがキーレスになるのですから素晴らしい商品です。しかし、ドア側の取り付けの難しさ、配線の難しさからそんなに誰でもチャレンジする商品ではないかもしれません。面倒でしたが、結果的には取り付けて大正解でした。
私は作業の際は集中してしまい、いつもブログ用の写真を撮ることを忘れてしまいます。細かな手順は他のサイトを参考として下さい。まずはドアの内張はがし。方法は検索するとすぐに出てくるので簡単です。

はがした後に電磁モーターを付けます。サンバートラック最終型の場合、穴をあけずに既存の穴を利用して取り付けが可能でした。
面倒なのはドアからボディーへの配線です。良い取り回し方がわからずに
ライトを外してみます。すると中にゴム栓で塞がれていた未使用の穴があったので
それを使って配線します。この辺が一番面倒で無駄な時間がかかります。

電源は常時接続なのでヒューズボックスからとります。ハイエースと交互に使うので
乗らない時期が1か月以上になることも考えられます。バッテリー上りが不安なので
スイッチを付けました。長く乗らないときはオフにしておきます。
使ってみて、モーターがすごく強力なのでビックリします。これならある程度ラフに
作業してもドアロックを動かすことはできると思います。
無線もよく飛びます。
しかし、内部をばらしてみてケートラの作業性の悪さを実感します。とにかく狭い
室内ですからぎゅっと詰まって配置されていているので回しにくいネジが多いのです。
特にヘッドライト周りには泣きました。配線は面倒でしたし、こんな作業
素人でやるには結構大変ですが、やればやれる、というのが結論でした。

2021年3月28日日曜日

ハイエースキャンピングにドラレコ、 ミラー型 前後カメラを設置しました

ハイエース100キャンピングは室内に造作物が多く、どうしても後方視界が悪く、室内ミラーを外してバックカメラ+液晶モニター等いう組み合わせで運用していました。
しかし、この組み合わせは実際に見た感じとの違いが大きく何だか違和感がありました。

最近、ルームミラー型のドラレコと前後カメラがセットになった素晴らしい製品が発売され、YouTubeでも取り上げられてきています。こういった日本の製品は3万円程度ですが、それとほぼ同じ性能を持った商品がアマゾンで1万円を切って発売されていました。たまたまタイムセールだったので、迷わず購入となりました。

まずは古い液晶とドラレコを撤去し、一旦ノーマルミラーを設置します。

今回購入した製品です。いろいろなものがセットで入っていました。
バックモニターの配線は迷いましたが新たに引き直すのではなく、既存の配線を利用します。うまく作動しなかったら困るのでバックカメラのオリジナルの配線は切らず、延長コードを購入し、それを切って配線しました。勿論、ハンダで固定します。
バッチリ作動しました。見た感じも良いし、すっきりしました。乗ってみて本当に以前の液晶モニターとは比べ物にならないくらい見やすくなりました。素晴らし、安い!但し今後壊れなければですが、、、

こういった電子パーツはどんどん進化していっています。オーディオももうカーステを取り付けるのではなく、スマホ+ブルートゥースのスピーカーを購入した方がよい時代となりました。さあ、ハイエースが終わると次はサンバーです。

2021年3月27日土曜日

サンバートラックで軽井沢往復ドライブ

 これまで、ハイエース100ロングで往復していた軽井沢を
今回はサンバートラックで走ってみました。
サンバー軽トラのメリットは以下の点です。
①高速代、ガソリン代含めて往復で3000円程度安い。美味しいランチ2人分が浮く。
②レカロ+4輪独立サス+リアエンジンのため軽トラ+積み荷ナシでもそこそこ快適。
※これが、その他の軽トラだと板バネサスで空荷の際突き上げが激しい。高速ではエンジン音がうるさくて話もしにくい。
③小回りが利くので街中の買い物でキビキビ走る。
④なぜかサンバーの運転席は他社の軽トラと比較して広く感じる。
⑤高速上り坂はハイエースロングと同じく苦手であるが、ハイエースよりも若干早く走ることができる。

逆にデメリットは
①エンジンがうなる。うるさくはないが、酷使して可哀そうな感じ。120キロ巡行も可能だが、110キロ程度に抑えて走った。
②キーレスがなく不便。
③夏場は荷台の温度が上がるので食べ物の運搬は不便そう。また、ハイエースはメチャクチャ荷物つめるので、それと比較すると同じ程度しかつめない。
というわけで、次はキーレスへの挑戦です。
またまた、アマゾンの出番です。

2021年3月22日月曜日

軽井沢、冬の別荘水回り設定について


軽井沢などの寒冷地において、冬季間水道が凍ってしまうために
水を抜いて止めてしまいました。
昔ながらの水栓でしたら単純に水を止めてしまえばよいのですが、
最近の凝った水栓になると分解して外しておかなければどうしても中に水分が残り、
それが凍結して水栓が破壊されてしまうので、秋に外す、春に付ける作業という作業を
業者に頼み、年間4万から6万円程度かかります。そのことによって、どうしても
11月~5月の連休までその家は使えなくなってしまいます。
そんなに使えない時期が長くてはもったいないと、最近では7割以上の軽井沢別荘では
冬季間、人間がいなくても何らかの暖房によって、
水道が凍らないようにしているとのことでした。
いつもは冬季間、水を止めていたのですが、
この冬は、私も冬季暖房を実施してみました。そして、
その適正暖房設定を見つけるためにWi-Fi対応の温度計によって
常に温度の変化を監視し、最低の暖房で
凍結防止を乗り切ることができました。結論、最近の断熱のしっかりした家では
冬季暖房の方が安いし、冬使えるし、良いことづくめであるということでした。
冬も別荘を使った方が楽しいし、お金も安い。つまり今まで勘違いしていた
ということかもしれません。うーん、まだまだ研究の余地があります。

 

2021年3月17日水曜日

3500円なら付けるでしょー

 軽トラにドラレコを付けました。事故に備える為の必需品です。

アマゾンで3500円、しかもバックカメラ付き。
配線はもちろん自分でやりました。
ウインドウの周辺ラバーの中に隠していきます。
電源はとりあえずシガーからとっておき、
次に集中ドアロックを付けた時にやり直します。

バックカメラは荷台の受けに付けました。
本当は後ろナンバーの部分に着けるものですが、
荷物をそこまで積むこともないのでここで良しとします。
撮影した動画をパソコンで確認しましした。たが、まったく問題ありませんでした。
こんな時代なんですね。

2021年3月14日日曜日

レカロ+軽トラは最高のゴーカートでした

 無事にレカロが付きました。
これが付くと、運転の世界が一変しました。

一気に荷物運搬車からゴーカートへと変わりました。
この軽トラ残念ながらオートマなのですが
マニュアルだったらもっと楽しかったでしょう。

兎に角、車重が軽いので、面白いんです。
低速トルクもあり、街中では申し分ありません。
小さく、小回りがきいて、荷物も積める。
理想の車となりました。
友達にレカロを自慢したら、「あ、でも車検このシートでは通らないよ」
と、釘を刺されました。確かにシートレールは既製品ではなく、自作なのでこれでは無理でしょう。まあ、純正シートに戻すのも10分もあればできるのでこれで良しとします。
問題の二つ目はスーツやブランド服の服装が軽トラに似合わないことです。
特に、テニスコートにこれで乗り付けると浮いてしまいます。
いやーできるだけジーパンやつなぎの作業服を日常でも着るようにしましょう。
洋服よりも軽トラ重視です。


2021年3月7日日曜日

これは、なんちゃってレカロでした

スズキkeiの純正レカロを落札して、スバルサンバートラックに移植します。
分解していってわかったのですが
これがビックリするくらい本家レカロとは違うものでした。
本家レカロは数ピース構成で、分解もなかなかできません。
接着剤できっちり固められており、メインテナンスは非常に困難なのです。
しかし、このスズキなんちゃってレカロは基本コンセプトは純正国産シート
表面にはレカロと記されいますが、内容は国産シートでした。

このように、スポンジは1つで構成され
簡単に表面のカバーは取り外しができます。
これは、本家のレカロではできない構成です。
おかげで表面の破れは無事にミシンで修復できました。

しかも、シートレールはレカロ専用のアタッチメントを購入しなくても
スバル純正のシートレールの中にほぼ収まりました。
勿論、車種も違えばメーカーも違うので
ボルトオンというわけにはいきませんが、大体サイズが大体合うのです。
さすが、お互いに軽自動車の規格です。

仮止めで、片方のボルトがピッタリあってしまいました。
これで止めてちょっと使ってみます。
背もたれは簡単なステーで留め、置いてみただけですが、
だいたいセッティングできました。
これでなんとか乗ることができてしまいました。
というわけで、ポジションを確認しながらボルトの穴を合わせていきます。

ちょうど、この時期リアのカバーが届きました。
きれいにセッティングが完了です。


 

2021年3月6日土曜日

(農道の)ポルシェに(スズキkeiワークス用)レカロを買った

 軽トラを購入したのはいいのですが、
引き取ってくる段階でシートの貧弱さで腰が痛くなりました。
いつものようにシートの交換です。
西ドイツ産のアウディ以外、国産車のシートは全くダメでした。
最近は商用車ばかり乗っているのでシートが最悪なのは当然です。
今回もレカロシートの物色です。

しかし、ヤフオクでどれも値段が落ちません。また、運賃が高価なのも課題です。
まあ、今回は軽トラですからレカロの定番を付けても本領を発揮できないかもしれないと思い、国産車純正のなんちゃってレカロを付けてみることにしました。
強気で落とせたのも、どんなシートだって絶対つけることができるという
セルフビルド精神です。


今回も破れありの商品です。この程度でしたら何とかなるでしょう。
勿論、破れなしの方がいいに決まっていますが
修理は可能なはずです。